ここがヘンだよ!? 香港ハウス

ここがヘンだよ!? 香港ハウス

(2019/6/16:リライト、写真挿入)


こんにちは、あやです!!

以前も投稿しましたが、

2月末の内見に向けて、

家探しの日々を送っています。



加えて、予防接種打ちまくってきたり、


引越し準備やら、諸手続きやらで

多忙な日々がやってくることに

絶望を感じつつ、現実逃避をしたくて、

たまらない日々であります!!!(笑)

実際、現実逃避の金沢旅へ行ってしまいました。(笑)今週から頑張ります!



今回は香港のお家探しをしていて感じた

日本との違いや香港のお家事情(?)について

ご紹介していきたいなと思っています!



お引越しシーズンのピーク

日本同様、香港でも2・3月

お引越しシーズンのピークだそうです。

当初、3月に内見へ行くつもりだったのですが、

それでは遅い、いい部屋が埋まってしまう

とアドバイスをいただいたため、

2月の内に内見に行くことになりました。


エージェントさんとのやりとりの中でも

この時期は1週間で空室状況が

どんどんと変化するので

現在送ってもらっている部屋も

内見の頃には埋まってしまっているかもと・・・。

どの程度真剣に、資料へ目を通していいのか

わからなくなっております。(笑)



お家事情

先輩駐妻さん方のブログでも書かれていたので

なんとなぁ〜くは分かっていたのですが、

物件を見ていると不思議なことが多く、

日本とはやっぱり違うなと感じる日々です。

そんなお家事情について、書いていきます。



家賃高すぎ!

本当にぶっ飛んでます!

とにかく高すぎる!(笑)


世界有数の人口密集地として知られる香港。

土地は狭いのに、人口は増えすぎており、

家賃はどんどん高騰しているようです。

家賃が高い国ランキングでも、

世界1・2位を争っているそうですね。


調べた感じだと、日本人夫婦2名で住むお家だと

35〜45万/月くらいで探している方が

多いのかな(?)と思いました。

何度も言います。

家賃、ぶっ飛んでいます!(笑)

その為(!?)なのか、設備もいちいちゴージャス。



物件見ていると段々と金銭感覚が

麻痺してきて、心配になります。(笑)



とにかく高層!

どこもかしこも高層マンションだらけです。

内見したマンションからの風景。


低層マンションや一軒家ってあるのかな・・・?

私が見ているマンションも全て高層マンションです。

洗濯物干す度に気絶しそうで不安です。


香港は土地が狭いので、横ではなく、

縦に居住スペースを広げていっているんですね。



極小部屋がたくさん

ちょっと広めのトイレなんかな・・・?

という感じの極小部屋が2〜3個付いていたり、

バスルームが2つ付いていたりする香港ハウス。

シングルベットにさえ、占領されてしまうお部屋。


この極小部屋3つを繋げて、1部屋にしてくれたら

どれほど良いか・・・、と日本人なら感じるはずです。


なんでこんな間取りなんだろう・・・?と

調べたところ、以下が理由のようです。

・家賃高額につき、就職を機に一人暮らし!という若者が少ない

・住み込みのお手伝いさん用のお部屋にするため


先述した通り、香港は家賃がとにかく高いので、

就職を機に一人暮らしを始める!

なんてことはやはり厳しいようですね。

また夫婦共働きというスタイルも一般的なようで、

家事は住み込みのお手伝いさんに

お任せするということも珍しくないようです。

ユニットバスが2つあるお部屋も珍しくありませんでした。
2つある場合、一方はバスタブがないのが一般的?のようでした。


こういった理由から、とにかく狭くとも

部屋数はたくさんある物件が多いようです。



キッチン個室化

日本ではオープンキッチンやリビング内に

キッチンが付いていることが多いかと思いますが、

香港ではキッチンはほぼ個室です。

稀に、このようなリビング一体型のものもありました。


リビングにいる家族と談笑しながら料理したい、

リビングのテレビを見ながら料理したい、

という方(=わたし)には辛い環境かもしれません。



意外な場所に洗濯機

日本だと、間取り図に洗濯機を置く

スペースの記載がありますよね?

香港の物件にはありません。

(なんなら間取り図もありません。)


物件の写真を見ていて、

どこに洗濯機置くんやろ・・・?

と疑問に思ったので調べたところ、

なんとキッチン内に洗濯機が置いてあるのが

主流だそうです。


日本人としては不思議に感じますよね?

コンロと洗濯機が並ぶ不思議な光景。
結構、爆音なので、個室キッチンの中にあるのはありがたいかも・・?



日本の玄関にある「アレ」がない!?

勿体ぶって、スミマセン。(笑)


玄関にあるアレとは「下駄箱」のことです。

玄関に下駄箱が設置されていないのが一般的だそうです。

左の白いボックスは簡易の下駄箱。
左側のドアが玄関、右側のドアはキッチン。


靴は簡易の下駄箱を設置するか、

クローゼットなどに収納する感じになるのでしょう。



靴を脱ぎ履きするスペースもなく

玄関開けたら、すぐリビング!!!

というお家が多いので、

宅配便とか来た時恥ずかしいなと。(笑)







いかがでしたでしょうか?

想像はできていましたが、

調べれば調べるほど、

やはり香港は日本ではないのだな(当たり前)

と感じます。


違いにばかり着目していても仕方がありません!

郷に入っては郷に従え!のマインドでいきます!!!


キッチンで孤独を感じつつ、料理・洗濯をして、

気絶しそうになりながらも洗濯物を干し、

玄関開けたらすぐリビングなんて楽でいいなぁ!と

思える日が1日でも早くくることを楽しみに

頑張っていきます。

クラブハウスには自習室やジム、プールがついているところが殆どでした。




内見に行った後は写真も追加しますので、

もっと想像もしていただきやすくなるかと思います。




それでは!!



旅先の蟹尽くしコースが忘れられず、

今週も現実逃避したい!と

早くも思ってしまっているあやでした。

カムバック 蟹の刺身、天ぷら、茹で、焼き、鍋・・・。



▼その他の「お家探しシリーズ」

香港でのお家探し 〜物件検索編〜
香港でのお家探し 〜内見編〜
香港でのお家探し 〜衝撃の連続!?編〜

BLOG RANKING

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ


励みとなりますのでよろしければ、
応援(=クリック)をお願いいたします!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By Marie

    おもしろく拝見しましたー(^▽^)
    今年から香港に来られるんですね★わたしは駐在ではなくローカルの香港人の男性との国際結婚になりますが
    5年ほど住んでいます。情報交換&何かお困りのことがあればいつでもご相談いただければ嬉しいですー✨

    香港の旦那と結婚したグループを立ち上げて管理していたりもするので
    パートナーがローカルというのは、なかなか病院事情、生活事情、教育事情などに強くなります
    お役に立てることもあるかも(*’▽’)

    わたし自身は、まだ子供はおらず2人で住んでいます。共働きです

    • By Aya

      Marieさん、コメントありがとうございます!!!

      >今年から香港に来られるんですね★
      そうなんです!とってもワクワクしております!

      >わたしは駐在ではなくローカルの香港人の男性との
      >国際結婚になりますが5年ほど住んでいます。
      5年!!!?!?大大大先輩ですね!><

      >香港の旦那と結婚したグループを立ち上げて管理
      なんだかすごいですね!
      機会がございましたらアドバイスなどいただけると幸いです!

LEAVE A REPLY

*

COMMENT ON FACEBOOK